のし袋の書き方



白で文字無しなので、祝・仏どちらでも可能!のし袋 15枚入 白無字



結婚のお祝いに!水引金封 もみ紙 桃鶴



多当用仏事一般用 のし袋 10枚入り

餞別のし袋書き方関連で結婚祝いと退職餞別

この度、同僚が結婚の為に寿退職する事になったんだけど。
そこで悩むのが、退職の際の餞別と結婚祝い、それぞれののしの書き方。

冠婚葬祭、それぞれの場合でのしや袋の種類・書き方って違うらしい。
社会人になるまで冠婚葬祭等は無縁で、のしなんて書いた事なかったからなぁ。

結婚の場合の水引きは結び切りか結び留め、というもの。。
何回も起こったら困る出来事の時は、蝶結びみたいなループしている形のは避けるらしい。

知らなかった〜、派手な蝶結びの方が喜ばれると思ったのに。
お祝い事だから失礼の無いようにしないとね。

という事は、退職の餞別の場合は??
結婚による退職だから、同じようにループしてないものでいいのかな。

のしの表書きは結婚祝は『御祝』、餞別の表書きは『御餞別』だそうだ。

そして調べて驚いたのが。
結婚祝って、『挙式1〜2ヶ月前から1週間ぐらいまでにできれば吉日の午前中に持参』なんだって!

・・・本当にそんな風にしてる人っているの??
ご祝儀って結婚式の受け付けで出すのが一般的なんだと思ってた。

結婚式にお呼ばれしてない人は、そうやって持参するものなのかなぁ。
のしの種類も書き方も渡し方まで、冠婚葬祭の礼儀って奥が深いものだ。

折角の同僚の晴れ舞台、失礼の無いように私もしっかり勉強しないとね。
のし袋書き方についてでした。